「Blogパラダイス」、通称「ブロパラ」は、ブロガーを応援する投稿サイトです。

menu

Blogパラダイス

兄弟が多いのは、幸か?不幸か?


私は、子供が4人いて、次男(小5)は、ソロバン教室に通っています。
今日も、車で送ってきました。
教室は、次男が通う小学校より近いのですが、毎回送ってほしいと頼まれるのです。

暗くなる時間帯でもないし、ひとりで自転車で行った方がいいのでは?
と、思うのですが、もともとソロバンに乗り気ではなかった次男に、なかば強制的に通わせたという経緯があります。
自分から行くって言うだけでも良しとして、つい送ってしまうのです。

甘えているのでしょうか?
それとも、自分の自転車がボロいのが恥ずかしいのでしょうか?
次男が乗っている自転車は、お下がりのお下がりでかなり古くて、サビサビで、ブレーキの調子も悪いです。
さすがに、ブレーキが悪いと危険なので、私のママチャリのサドルを一番低くして乗ってもらってます。
このママチャリは10年もので、いちおうブレーキは効きますが、キーキーと音がしてうるさいです。
先日、自転車を修理してあげたら、少し残念そうな顔をしていたのに気が付きました。

”節約”という観点からみると、おさがりで済ませられるものならそうしたい。
でも、もし自分がおさがりばかり与えられていたとしたらどうだろう?

次男は、自分からは言い出さないけど、そういうことを気にしてるんじゃないかと思います。
普段から、割と自己主張はする方ですが、遠慮しているのか何かをおねだりというのは、あまりしたことがありません。

もしかして、我が家のお財布事情を心配してくれている?
新しい自転車は、中学校に入学する時に買おうかと考えていましたが、少し早める事を検討してみます。

長男(中2)には、幼い頃から
「お兄ちゃんだからガマンしなさい。」
という言葉がけをしないように気をつけていましたが、そのことで次男にガマンをさせてしまっていたのかもしれません。
もちろん、次男に対しても、「ガマンして。」などの言葉がけはしませんでしたが、知らず知らずのうちに気を遣わせていたのでしょう。

去年、末っ子が生まれたことで、さらにガマンすることが増えたのではないでしょうか。

そしてそれは、去年までは末っ子だった長女(小2)も同じことだと思います。
はっきりとは言いませんでしたが、泣きながら、○○(末っ子の名前)がいなかったらよかった。
みたいな事をつぶやいていて、私としては少しショックでした。

また長男は長男で、自分ばかりガマンしていると思っているのかもしれません。
そして末っ子、今は自由きままですが、大きくなるにつれガマンをしないといけない場面に遭遇することでしょう。
誰かひとりをひいきしているつもりはなくても、結果的にそうなってしまうこともあります。

長子も、中間子も、末っ子も、みんなそれぞれに良いこともあれば、悪いこともある。
それは一人っ子にも言えることだと思います。

みんな、ひとりひとりかわいい我が子です。
みんな、ひとりひとりが特別な存在です。

それはいつか自分が親になった時、やっとわかることなのかもしれませんね。

■記事提供元サイト:片付け母さんのブログ

応援、ありがとう♪

にほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプルライフへ

アーカイブ