「Blogパラダイス」、通称「ブロパラ」は、ブロガーを応援する投稿サイトです。

menu

Blogパラダイス

犬とお出かけの際のトラブル回避にも。犬のマーキング対策


犬とお出かけをする方が多くなり、それに伴い、トラブルも増えてきています。

そのトラブルの一つがトイレ問題。それを解消する為に、犬のトイレトレーニングをしておくと便利という記事を書きました。その記事はこちらです。⇒ 犬とお出かけの時にも便利!犬のトイレトレーニングの方法

今回は、犬のマーキング対策について書きたいと思います。

●マーキングは犬の本能

マーキングは犬の本能です。やめさせたりするとストレスがたまって問題行動のもとになったり、落ち着きがなくなったり、逆にウツ状態になったりすることもありますので、完全にやめさせたりすることはやめてくださいね。

●マーキングさせる場所を選ぶ

とはいえ、あちこちところかまわずマーキングをさせてはトラブルのもととなります。

特に犬とお出かけの際、店先や人の往来の多い場所などでマーキングをさせるとほかの方の迷惑になります。

人があまり来ないような緑地や植え込みなど、マーキングをさせてもいい場所を選んでそこでさせるようにしましょう。

●マーキングを防ぐには?

トイレトレーニングと違って、マーキングはコントロールすることがなかなか難しいですので、物理的に防ぐことが一番簡単です。

まずは、してはいけない場所に近づかせないこと。匂いをかがせないこと。

マーキングをする前に、犬は必ず匂いをとる動作をします。マーキングをしてはいけない場所ではリードを短くもって、物理的に犬が匂いをとれないようにします。

●マーキングをした後の処置

マーキングをしてもいい場所にきたら、リードを緩めて、自由に匂いかぎをさせてマーキングをさせます。特に旅行中で移動が多い時などは、犬もストレスがたまりがちなので、ぞんぶんに匂いかぎをさせてあげましょう。

トイレの際の排尿と違ってマーキングはごく少量ですので、マーキングをした後は、その場所を水で流すか、また木酢酢を薄めたものをかけることも効果的です。

マーキングをした場所は、ほかの犬もその場所にマーキングをしたがりますので、公共の場所でマーキングをした際には、マーキングをしてもいい場所でもなるべく後処理をするようにします。

●マナーベルトの着用も効果的。

今はさまざまな種類のマナーベルトが販売されているので、マーキングをしてはいけない場所だけ、マナーベルトをつけることも効果的です。

犬とお出かけは本来楽しいものですが、一つ間違うとトラブルの元となります。少しの気遣いでトラブルを避けることが出来ます。楽しいお出かけの為に、ちょっとした気遣いを忘れないようにしましょう。

■記事提供元サイト:車中泊で楽しむ犬連れの旅

応援、ありがとう♪

にほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプルライフへ

アーカイブ