「Blogパラダイス」、通称「ブロパラ」は、ブロガーを応援する投稿サイトです。

menu

Blogパラダイス

見た目年齢は姿勢が左右します


皆さんは、人から見た自分の見た目って気にしたことありますか?
自分の年齢より老けて見られる人、若く見られる人、年相応の人。
 
どういうふうに見られたいと聞かれたら、やはり若く見られるほうが
嬉しいですよね。
 
もちろん、顔立ちで若いのか老けているのかと、判断もできますが
意外と気づかないのが、その「姿勢」です。
 

たとえ年齢が若くても「姿勢」が悪いとおばさんに見られてしまいますよ。
 
あなたのその姿勢は大丈夫ですか?
 
簡単にチェックしてみましょう。
 

1.座っている時に背中を丸めていませんか?
 
2.座っている時に、あごの位置が胸より前に出でいませんか?
 
3.気が付いたら、肘をついていませんか?
 
4.立っているときに、下っ腹を前に突き出していませんか?
 
5.耳の位置が肩より、前に出でいませんか?

 

いくつ当てはまりましたか?
 
多く当てはまっている人は、要注意です。
見た目年齢が老けて見られているかもしれません。
 
そして、姿勢が良いというのはまずあごを引いて、肩甲骨を寄せます。
そして、下っ腹を引っ込めます。
 
立っている時は、かかとをくっつけ、つま先は無理して
くっつけなくてもよいです。そして、膝どうしをくっつけて
下さい。
 
この姿勢を意識して、鏡の前でやってみるとよく判ります。
 
姿勢を正して、あなたも若く見られたいと思いませんか?
姿勢を正すだけで、ずいぶん違いますよ。

 

■記事提供元サイト:大人可愛いアンチエイジング

応援、ありがとう♪

にほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプルライフへ

アーカイブ