「Blogパラダイス」、通称「ブロパラ」は、ブロガーを応援する投稿サイトです。

menu

Blogパラダイス

少ない収入でもやり方次第で貯蓄もできる無駄遣いを無くす方法


ある友人(30代主婦)の方からお聞きした、低収入でもやり方次第で貯蓄もできるというお話です。

彼女は、当時会社員として働いていました。26歳~30歳までの4年間シングルマザーとして子供と二人暮らしをしていました。離婚したての頃は、新しい家を借りたり、足りなかった家電商品を揃えたりとコツコツ貯めた貯金はすぐに無くなってしまいました。
会社員としての収入は、営業だったので給料も、月で前後して少ない時は10万~多い時は20万程度、ここから家賃、光熱費、保険代に保育料を払ったらかなりかつかつでした。しかし子供にはお金がかかると言われ続け、貯金だけはしたほうがいいと言われるのですが、そんな余裕もなかったそうです。

でも、彼女は、やらなければいけない状況に自分を追い込み、まずやってみる事から始めようと思ったそうです。

息子の通帳に1万いれる所から始めましたが、お給料が少ない月は不安になり、来月多く入れようなど自分を甘やかしてしまって、入れたり入れなかったり。額を少なくして5千円にしてみるも、結果は変わらず。むしろ貯金しなければという焦りがストレスになって仕事も思うようにいかなくて空回りでした。

その時に彼女が思いついたのが、ある無駄遣いを無くす方法でした。
その方法とは「お給料日に決まった額を一気に降ろす」でした。家賃や光熱費など毎月引き落としされる金額は大体同じだったので、引き落としをされる金額にプラス5000円多く残して後を全部引き出すと言う方法です。
生活費が4万だったら、4万を一気に降ろして銀行のカードと通帳は自宅に置きました。お給料日以外はお金を降ろせないという方法でやりくり。4万でやりくりするんだ!と決めて1か月を過ごします。
すると不思議なことに、1か月無事に過ごせると500円や1000円残るそうです。

残った金額を、合わせて4万になるように翌月のお給料から引き出します。ボーナスの時は、クリスマスや誕生日があったので2万円ほど多く引き出して息子さんにプレゼントなどの費用にしました。
子供手当にも手を付けず、母子手当にも手を付けず、そのような生活を続けて、なんと4年で300万の貯金が出来たそうです!
そのお金で学資保険を一括で払い終え、保険料と言う支出が一つ消えて、それだけでもだいぶ生活費が楽になったとのこと。聞いててちょっと感動しました。
コンビニのATMなどでお金を降ろしたり、時間外に降ろしたりすると手数料がかかってすごくもったいないですよね。彼女曰く、「一回お金を降ろすと、どんどんと減っていきます。ですので必要な分だけ引き出してやりくりすると言うシンプルな形で、慣れてしまえば誰にでもできる方法だと思います。」と教えてくれました。

貯蓄の方法っていろいろあるんだなぁと勉強になりました。

■記事提供元サイト:奇跡の貧乏脱出奮闘記

応援、ありがとう♪

にほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプルライフへ

アーカイブ