「Blogパラダイス」、通称「ブロパラ」は、ブロガーを応援する投稿サイトです。

menu

Blogパラダイス

お肌の曲がり角は何度も訪れるから、そのたびに過剰なお手入れをするのは逆効果かも?


お肌の曲がり角は25歳」ということをよく聞きますよね。
 
それが真実だとするなら、曲がってからすでに数十年も経ってしまった40代、50代の人は、もはやどんなお手入れもムダなの?
 
いいえ、そんなに悲観することはありません。
 
もし本当にお肌に曲がり角(目に見えるほどの大きな変化)があるなら、それは女性の一生の間に複数回は訪れるのではないでしょうか?
 
だから、その都度、適切なお手入れでお肌を優しくケアしてあげることが、その次の曲がり角までのインターバルを長く緩やかなものに変えてくれる秘訣です。
 

ある日、鏡の中の自分の顔に、シミやシワ、くすみやたるみなどの加齢による衰えを見つけることは、誰だってショックに違いありません。
 
私もこれまで何度となく、新しいトラブルを目の当たりにしては、否応なしに老化を感じて落ち込みました。
nbsp;
でも、そんなときに焦って必要以上に過剰なお手入れをしてしまう、実はこれこそがお肌にとって、もっとも大きなダメージの原因になります。
 
年齢を重ねることで、無駄に多くの美容知識や情報を得てきた私たちは、いいことも悪いことも知りすぎてしまったようです。
だから、少しでも衰えを食い止めようと、ついついやり過ぎて、かえって老化を早めている恐れがあるようです。
 
「もしかしたら、私もやり過ぎているかも?」と、ちょっと不安になっている方におすすめの本があります。
 
【肌のきれいな人がやっていること、いないこと】というタイトルで、著者は北海道の皮膚科医、管原由香子先生です。
 
この本の内容をできる限りシンプルに説明するとしたら、
 
「お肌と体にいらないものをあたえない!」ということに尽きます。
nbsp;
いらないものとは、

◎有害物質がたくさん配合された化粧品


 
界面活性剤、防腐剤、着色料、香料、合成ポリマーなどなど、お肌に悪いさまざまな化学物質があらゆる化粧品には含まれています。
 
そしてお値段の張る化粧品ほど、これら有害な物質の含有量が多い場合が多いそうです。
高いお金を払って、お肌と体に毒素を取り込んでいるという事実には愕然とさせられました。

◎過剰なマッサージ

たるんだフェイスラインにため息をつきながら、少しでも若いころのようなハリを取り戻そうと、一生懸命やってしまいがちなのがマッサージ。
 
近年では、金属製の専用ローラーも大人気で、巷ではコロコロと転がすお手入れ法がブームですよね。
 
でも、あれもいらないものの最たるものなんですって!
 
マッサージすることで皮膚が上に向かって引っ張られます。
 
強い力でそれを繰り返すことで、肌は伸びっぱなしになり、やがて弾力を失い、伸びた「皮」
は重力に従って、以前よりもさらに下がってきてしまうのです。
 
おーっ、怖い!
 
たるみを解消しようと熱心に肌を引き上げる行為が、逆にたるみを加速させているなんて(涙)

◎ファンデーション、オールインワンゲル、クレンジング剤に洗顔フォーム

どれも私たちが日常的に使っている化粧品ですよね。
それが肌にいいか悪いかと考える以前に、使うのが当たり前のものばかり。
 
でも、実はこれらがどれほどお肌をいじめているか、あらゆる肌トラブルを誘引している元になっていると、管原先生は説明してくれています。
 
書籍の中には、もちろん上記に代わる、お肌に優しいアイテムやお手入れ方法の提案が書いてあります。
 
ざっと書くと、クレンジングには天然のオイル、洗顔には天然油脂の石けん化粧水は水とグリセリンをベースに手作り、こんな風に推奨されています。

◎タバコ、ストレス、睡眠&運動不足、そして栄養過多。

これらも知らず知らずのうちに習慣化している人も多いと思います。

ほんの少しだけ意識して、いらないものを除去していくことで、お肌は目に見えて健やかになるそうです。
 
冒頭に書いた、何度も訪れるお肌の曲がり角。
nbsp;
これを上手にやり過ごして、実年齢を上回らない美肌を保つには、何よりもいらないものを与えないことが大切なんだと実感しました。
 
■記事提供元サイト名 : 幸せの時間を生きる
 

応援、ありがとう♪

にほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプルライフへ

アーカイブ