「Blogパラダイス」、通称「ブロパラ」は、ブロガーを応援する投稿サイトです。

menu

Blogパラダイス

節約の前に知っておきたい、お金が貯まらない人の5つの特徴とは?


家族構成や収入が同じでも、お金が貯まりやすい人と貯まりにくい人がいます。
今回は、お金が貯まらない人にありがちな特徴について考えたいと思います。
普段何気なく行っていることの中にも、お金を貯まりにくくする習慣というものはたくさんあります。
それぞれ単体で見れば少しの差でも、その習慣が積み重なることで貯金額に大きな差が出てくるのです。

・お金が貯まりにくい習慣とは

以下、お金が貯まりにくい人によく見られる特徴を挙げてみます。

・財布の中が汚い
・小銭を使わない
・行き当たりばったり
・口座が一つしかない
・貯金は余ったお金から

それぞれ、節約と貯金にどのような関係があるのかをみてみます。

財布の中が汚い

お金を貯められない人にありがちなのが、財布の中身がごちゃごちゃになっていることです。
現金以外に、レシートやポイントカードなどで財布がパンパンな方は要注意。
現金以外の中身が多いと、自分がいくら持っているのかひと目で分かりづらくなります。
手持ちの金額が分からないので買い物の計画も立てづらく、足りなくなったら適当にATMで現金をおろすという悪循環に。
レシートを溜めっぱなしにするのも問題です。
自分が何にお金を使っているのかを知らなければ、無駄遣いをなくすことも出来ません。
心当たりのある方は、すぐに財布の中身を整理しましょう。

小銭を使わない

財布の中身が汚い人は、小銭入れがジャラジャラな場合が多いです。
主にお札で買い物を済ませ、枚数が減ると貯金から引き出してしまうのです。
逆に節約上手の人は、小銭を上手く活用しています。
端数を小銭で払えばお釣りが減り、細かいお金が少なくなります。
また、余った小銭は玄関先の貯金箱に入れておくと、ちょっとした支払いが必要になったとき便利です。

行き当たりばったり

貯金をするには収入と支出のバランスを考え、計画的にお金を使うことが重要です。
こういった計画を立てるのが苦手な人は、いつまでも浪費癖が抜けないといった問題も出てきます。
まずはいつまでにどれくらいのお金を貯めたいのか、簡単に筋道を考えることからはじめてみましょう。

口座が一つしかない

節約上手な人は、必ず貯蓄専用の口座を持っています。
家計用の口座と貯蓄用の口座が一緒だと、口座の中のお金をあるだけ使ってしまう危険もあります。
メインの口座とは別に貯蓄用口座を用意すると、限られた予算内でやりくりする習慣が身につきます。

貯金は余ったお金から

貯金はお金が余ってからという考え方では、なかなか貯金は増えません。
貯金をするなら、毎月決まった金額を貯蓄にあてることが大切です。
どうしても口座からお金を引き出してしまうという方は、お給料から一定額を自動的に積み立てるサービスなどを利用しましょう。

・お金との上手なつきあい方

上手に貯金を増やす秘訣は、お金の使い方をキレイにすることです。
財布の中身を整理したり貯蓄用の口座を作ることは、キレイにお金を使うためには良い方法です。
お金の流れを見やすくすることで、余計なところにお金を使っていないかどうかも気付きやすくなるのです。

■記事提供元サイト:弥生とシンプルライフ

応援、ありがとう♪

にほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプルライフへ

アーカイブ