「Blogパラダイス」、通称「ブロパラ」は、ブロガーを応援する投稿サイトです。

menu

Blogパラダイス

大人のニキビ、乾燥肌でもできる理由とは?


20歳過ぎてできるニキビや吹き出物を、大人ニキビと呼ぶそうです。
 
ニキビって、普通は10代の思春期で、皮脂が多い年代にできるイメージがありますよね?
でも、最近は大人ニキビが増えているそうなんです。
 
 
その大人ニキビ、思春期ニキビとは違う特長があるのですね。
 
 
それはまず、ニキビができる場所。
 
大人ニキビは、あごなど、皮脂が少なくて乾燥しがちな場所にもできるのです。
 
そればかりか、皮膚の乾燥が、大人ニキビの原因になることもあるそうですよ。
 
なぜかというと、皮膚が乾燥すると、それを感じ取った体は、皮脂を普段より多く分泌して、肌表面を保護しようとするのだとか。
 
また、ストレスホルモンバランスの乱れも、大人ニキビを引き起こす原因です。
 
肌の再生(ターンオーバー)を司るのは、自律神経ですが、ストレスがあると、自律神経の働きが乱れてしまいます。
 
ホルモンバランスも、自律神経の働きと、密接に関連していますね。
 
肌のターンオーバーが乱れる、つまり遅れてしまうと、新しい細胞と古い細胞の入れ替わりがスムーズにいきません。
そこで、肌表面に古い角質がたまり、毛穴が詰まってしまうのです。
 
 
詰まった毛穴には、アクネ菌が発生しやすくなり、ニキビができてしまうのです。
 
 
そんな訳で、大人ニキビができた肌には、保湿ケアが大事だそうです。
 
そうそう、ここで思い出しました。
 
春先は、マスクの刺激でニキビができるケースも多いそうですよ。
これもまた、刺激から肌を守るため、角質が厚くなるから、かもしれませんね。
 
大人ニキビ、なかなか奥が深いです。
 

■記事提供元サイト:敏感肌の美活日記
 

応援、ありがとう♪

にほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプルライフへ

アーカイブ