「Blogパラダイス」、通称「ブロパラ」は、ブロガーを応援する投稿サイトです。

menu

Blogパラダイス

スキーマ療法を勉強してきました


スキーマ療法を勉強してきました。
 
スキーマ療法とは、アメリカの心理学者・ジェフリーヤングが構築した心理療法です。
 
CBT(認知行動療法)を受けて、自傷行為や摂食障害、自殺念慮などが無くなったのに、それでもまだ、自分の中に生き辛さを抱えている人に、心の奥の奥のずーっと深い奥の、意識の下にある思いや考えに焦点を当てて進めていく、心理療法です。
 
幼少期に形成されたネガティブな部分に焦点を当てて、その成長が健康的ではなかった、
 
BPD(境界性パーソナリティ障害)、
NPD(自己愛性パーソナリティ障害)、
APD(回避性パーソナリティ障害)、
DPD(依存性パーソナリティ障害)、
I軸障害(難治性や再発を繰り返す)、
 
などのケアをしていきます。
 
簡単に言うと、自信を持って生きていくことに問題があるところから、ハッピーに生きていけるところまで、考えを持っていく、心の体質改善のようなものです。
 
また、QOL(生活の質)の改善もおこなっていきます。
 
CBT(認知行動療法)を、もっともっと深く深く突っ込んだ心理療法ですね。
 
ただし1つ条件として、スキーマ療法をおこなうには、カウンセラーもクライアントも、しっかりとCBT(認知行動療法)を理解し、使いこなせていることが必要になります。
 
実際に事例実践検証を見ると、最初は自傷行為を繰り返し「何のために生きているのかわからない」と言っていたクライアントが、最終的にここまでハッピー思考になれるものなのか、と驚きの過程がありました。
 
時間はかかりますが、最後にハッピー思考になれるのなら、有効ですね。
 
■記事提供元サイト: 生活保護からの脱出
 

応援、ありがとう♪

にほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプルライフへ

アーカイブ