「Blogパラダイス」、通称「ブロパラ」は、ブロガーを応援する投稿サイトです。

menu

Blogパラダイス

シニアのシンプルライフの強い味方か!?宅配生活を考える(その1)


シニアを迎え生活をシンプルにしたいと、片付けを始めたさくら60ですが、片付いた家でシンプルライフを送るために考え直したことがあります。

それは「宅配」の利用です。

まずは食品や日用品で利用しているいわゆる「コープ」についてメリットデメリットをお伝えします。

さまざまなコープがありますが、さくら60が利用しているのは比較的大きい、商品の扱いも多いコープです。

コープの仕組みは、今週の火曜日に注文した物が次週の火曜日に届くというシステムです。(例外もあり、次週以降のばあいもあります)

メリットとして

1 重い物が玄関先まで届けてもらえる
米、飲料、大物野菜など、これから力がなくなるとこれはかなり助かると思われます。

2 肉や魚など冷凍で届く物が多い
さくら60のように、一番近いスーパーまで車で30分というところに住んでいると、いざというときにも冷凍庫の中をあされば食べることが出来るのは安心材料です。

3 カタログを見るのが楽しい
デパ地下ってどこにあるの?というような土地に住んでいると、普段見かけない物がならんでいるのは楽しい限りです。

4 配達員の人とコミュニケーションが図れる
これは人によりますが、「あたり」だとお得な情報や知恵を教えてもらえます。

5 決まった曜日、決まった時間に来るので「見守り機能」が期待できる
高齢者世帯に「異常」を感じたら行政につなぐという協定を結んでいるコープが結構あります。

デメリットとして

1 慣れないうちはこの注文の仕方がわかりにくい
10年後の70歳の自分を考えると、カタログを見て注文用紙に記入するという方法は難しく面倒かもしれません。

2 量や品質、味など、分かるまでに時間がかかる
お店で現物を見たり試食をして買うわけではないので、「これ」というものに出会うのに時間がかかります。
特に野菜は届いてみないと分かりません。(返品はできます)

3 カタログが多すぎる
載っている商品の量も相当です。この中から選ぶのは慣れないうちは大変です。

4 次週にしか手に入らない
今、ここでこれが欲しい!というときには役に立ちません。

5 時々非常に不愉快な配達員にであう。
これはコープに「通報」して教育してもらうしかありません。

さくら60の結論

さくら60はもう30年ぐらいコープの宅配を利用していて、今はインターネットで注文しています。

シニアになって、買い物難民になりそうなところに住んでいると、配達してくれるコープがあってよかった、という気持ちです。
これからの買い物を心配しているシニアの方には、一考の余地ありと思います。

ただ、片付けられない時代は「食べるものが手元になくなる」という恐怖のため、いつも冷凍庫がいっぱいでした。
シンプルライフにシフトするなら、利用する量を考えなくてはいけないと思っています。

ご注意を一つ!
お店での買い物が大好きで生き甲斐だ、という方には向きませんのであしからず。

■記事提供元サイト:60歳主婦、これからを生き切るために
 

応援、ありがとう♪

にほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプルライフへ

アーカイブ