「Blogパラダイス」、通称「ブロパラ」は、ブロガーを応援する投稿サイトです。

menu

Blogパラダイス

SIMロック解除義務化は海外旅行ユーザーにとっては朗報か


2014年7月14日、総務省は2015年度をめどにスマートフォン等の通信端末のSIMロックを解除することを義務化する方針を正式に決定しました。
SIMロックとは、本体購入した携帯電話会社以外の回線を使えないように携帯電話やスマートフォンの端末の機能に制限をかけること。
 

たとえばアップル社のiPhone。
iPhone5sは、日本の三大携帯電話会社で、それぞれ同じ機種を販売しています。
しかし、iPhoneにSIMロックがかかっている日本国内では、購入した携帯電話会社の回線しか使用できません。
一部例外(※:SIMロック解除が可能な機種やMVNOの利用)はあるものの同じiPhone5sであっても、ドコモで購入したものをソフトバンクの回線で使用したり、auで購入したものをドコモの回線で使用したりはできません。
ドコモで購入したならドコモ。ソフトバンクで購入したならソフトバンク。auならau。
このように、スマートフォンや携帯電話を購入した会社と通信回線はセットになっているのです。
※なお『例外』については、今回の記事の主旨から外れるため、割愛します。
 
 
今まで日本で購入したスマートフォンを海外に持っていって使うには、この『SIMロック』の壁がありました。
たとえ、渡航先で通信回線だけ(SIMカード)購入が可能であっても、一部の機種を除き、日本で購入したスマートフォンをそのまま、現地の携帯電話会社の回線を使って利用することができなかったのです。
ですが、もし実際に今回の総務省が決定したSIMロック解除が義務化されれば、日本で解除義務化後に購入したスマートフォンであれば、いつもの使いなれた機種で、渡航先で販売している旅行者向け(数日の短期間のプランなど)の安い通信プランを使い、海外でもモバイル通信環境を整えることができるのです。
 
 
実際には海外で現地の通信回線を利用して、スマートフォンやタブレット等を使うには、多少の準備や知識がともない、SIMロック解除が義務化されたからといって、即利用できるものではありません。
また総務省の方針といえど、それを各社がきっちり従うかも今の時点では不透明です。
 
 
実は「携帯端末のSIMロック解除化」を促すガイドラインは2010年にも既に一度出されています。
 
 
「SIMロック解除に関するガイドライン」の公表等/総務省
http://www.soumu.go.jp/menu_news/s-news/02kiban02_02000046.html
 
 
ガイドラインとは裏腹に、2014年7月現在、ドコモとソフトバンクではようやく一部の機種のみSIMロック解除を有料で受付け、
auに至っては全くSIMロック解除する手段がないというのが現状なのです。
 
 
しかし今回は2010年と状況が変わっています。
スマートフォンの急速な普及に加え、MVNO(例:NTTコミュニケーションのOCNモバイルや日本通信のb-mobile)が提供するサービスが増加し、一般の人にも知られるようになりました。
MVNOとは、大手携帯電話各社が余った通信回線を他社に再販し、その回線を自社サービスとして提供すること。
再販により通信回線が安く利用できるため、MVNOの提供する通信プランは、従来の大手携帯電話会社と比較して大幅に使用料が低くなるため、利用希望のニーズは高いのですが、
現状SIMロックがかかった携帯通信端末では、利用者が利用したいと思っても、自由に通信サービスを選ぶことができません。
そういった利用者の不満を受け取っての今回のSIMロック解除『義務』化とも考えられます。
 
 
ともあれ海外旅行者には、SIMロック解除されたスマートフォンやタブレットが日本国内で普及すれば、渡航先の各国各社で回線速度の差などはあれど、いつも利用しているスマートフォンが渡航先でも利用できるようになります。
特に個人旅行者やバックパッカー、仕事でしばしば海外に行く方には、今回のSIMロック解除義務化は朗報となりそうです。
 

■記事提供元サイト:女30 スマホ片手に海外ひとり ぶらり旅

応援、ありがとう♪

にほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプルライフへ

アーカイブ