「Blogパラダイス」、通称「ブロパラ」は、ブロガーを応援する投稿サイトです。

menu

Blogパラダイス

格安SIMで携帯料金を節約しちゃう


安くデータ通信ができる「格安SIM」。

月額1000円前後の格安SIMでは、大体2GBから3GBくらい利用できるんです。

これを使わない手はありません。

この2GBや3GBは高速通信を使った場合のデータ量なのですが、高速通信を使いきったあとも通信速度は遅くなりますが、制限されても、動画などの重い処理をのぞけば、だいたいのアプリ、ネット検索・閲覧などは利用できます。

ドコモや最近はauなどもとうとう格安SIMの提供を始めています。

よく分からない会社のサービスは不安という方や、これだけで使っていけるサービスがしっかりとした格安SIMが欲しい方は、こうした大手通信会社が手がけるSIMサービスを選ぶというのも一つの手です。

今現在、格安SIM、スマホを販売するたくさんある仮想移動体通信事業者いわゆるMVNOは、ドコモの回線を借り受けたサービス提供の形態です。

そのため、カタログスペック上のデータ通信速度は最大で150Mなど、どの会社でも大きな差異はない状況です。

しかしながら、実際の通信速度をチェックしてみると各社によって違う場合があります。

例えば、通信速度を昼休みなどのアクセスが多い時間に測ると、ダウンロードの速度差として、1Mbpsから19Mbps前後までばらつきがあることも。

それほど速度を重視しないのであればあまり気にしなくてもよいと思います。

しかし、格安SIMの大半はドコモのネットワークを利用しているのに、通信速度の差というやつはどうしてうまれるのでしょうか。

その理由は通信の速度は、データ回線の太さと設備の品質に影響を受けたりするためなんですと。

同じドコモの回線を使っていても、「データ回線帯域の太さ」と「設備」は仮想移動体通信事業者によって違うんです。

へー、そんなことは普通分からないですね。

一般的には帯域が太い場合には、アクセスが増えたとしても、速度低下に陥ることがなく、設備投資がしっかりしていれば、通信データを安定して供給できるので、利用者が多い時間帯でも通信速度の低下は発生しづらい、と言われています。

このような状況からMVNOを選ぶ場合は、料金だけでなく基盤がしっかりとしたMVNOを選択した方が良いことも分かります。

いずれにしても、現在の契約からはかなり安くできることは間違いありませんので、一度検討しても良いと思いますよ。

■記事提供元サイト:節王家の100均生活

応援、ありがとう♪

にほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプルライフへ

アーカイブ