「Blogパラダイス」、通称「ブロパラ」は、ブロガーを応援する投稿サイトです。

menu

Blogパラダイス

心臓手術をするなら心臓リハビリも


心臓を痛め、手術に踏み切る場合もあります。
 
 
術後の対応で、心臓病の再発が
下げられることを知りました。
 
 
それが、『心臓リハビリ』といわれる
体力づくりです。
 
 
具体的に、心臓リハビリに
メリットやデメリットはあるのでしょうか。
 


 

心臓リハビリの利点は
 

・筋肉や体力を回復に導く
・コレステロールや高血圧を改善効果
・再発や死亡率を下げる

 
です。
 
 
今までは、手術後
《動くことなく、じっと安静に。》が基本でしたが
 
 
動かないことで、体力が落ちてしまい
再発や死亡に結びつきやすかったのです。
 
 
筋力、体力がつけば
社会復帰も早めることになりますので
 
 
自分は、病気に勝ったのだ。
再発も心配ないのだという自信もつき
その自信が、抵抗力をアップさせることにも
繋がります。
 
 

運動を行うことで
コレステロールや高血圧の改善効果もありますので
 
 
心臓に、負担を掛ける
これらの症状も減ることで
さらに、再発を防ぐ良い循環になるのです。
 
 

いいことづくめでありますが
運動すれば、どんな方法でも良いわけではありません。
 
 

心臓リハビリをおこなうまでの流れは
手術、術後に個人の病状に合わせた運動メニューを組む
運動する、退院後は自宅でおこなうとなりますので
 
 
心臓の手術が必要と分かった時点で
心臓リハビリまで行なってくれる
病院を選ばなくてはなりません。
 
 

手術となると、パニックになり
医者に言われるまま、なし崩し的に行動しがちです。
 
 
家族や会社など、自分以外にも長い期間
影響を与えることを考慮して
 
 
心臓手術をするなら、復帰まで考えられている
心臓リハビリを取り入れるとよいでしょう。
 
 
万が一に備え、病院をピックアップしておきましょう。
 
■記事提供元サイト:けんこう畑
 

応援、ありがとう♪

にほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプルライフへ

アーカイブ