「Blogパラダイス」、通称「ブロパラ」は、ブロガーを応援する投稿サイトです。

menu

Blogパラダイス

現代スキンケア事情。メイクをしたまま寝ても、肌は大丈夫なの?


1日の終わりのスキンケアって、大事ですよね。
 
特にメイクをしている時は、ちゃんと落とさず寝ることに、抵抗がある人も多いでしょう。
 
昔は、寝る前のメイク落としは、きちんとするようにと言われていました。
 
その理由は、メイクの成分を肌に残すと、肌トラブルの元になるからだとか。
 
でもその肌トラブルって、具体的にはどんなトラブルなのでしょうか。
 
私の場合、具体的には、ニキビや肌荒れを連想するのです。
 
でも中には、メイクの成分が皮膚に浸透して、シミになるという説があるそうですよ。
 
本当なら大変ですが、これは本当なのでしょうか?
 
調べてみると、これは間違いでした。
 
現在のメイクに使われている色素は、分子の大きさからして、皮膚に浸透、沈着することはないそうです。
 
それに、昔と違って、原料に使われているのは、基本的には肌に安全なものだけだとか。
 
それよりも、今のスキンケアでは、こんな考え方のようです。
 
「多少の汚れが残っていても、無理にメイクを落として、肌をこすり過ぎて傷をつけるよりはよい」
 
芸能人でも、綾瀬はるかさんのように、疲れた時は、メイクもそのままに寝てしまうという方もいらっしゃいます。
 
でも、メイクには、油分が含まれています。
 
そのため、あまりにそのままにしておくと、ニキビなどができてしまったりします。
 
それを防ぐのが、クレンジングの役目なののですね。
 
クレンジングで落とすのは、メイクの油性の汚れです。
 
 
ですから、もしも夜、疲れていたり、眠かったりで、メイクをしたまま寝てしまったら、それはそれで仕方がありません。
 
その代わり、翌朝のスキンケアは、きちんとすることが大事ですね。
 
でも、そう考えると、昔のヨーロッパ貴族のことを考えてしまいます。

メイ クを落とさず、重ね塗りの厚化粧をしていたという彼らの肌は、どんな状態だったのでしょうね。
 
まあ、あまりよろしくなかったとは聞いたことがありますが。
 
水がきれいで、スキンケア製品が発達した今の日本に生まれたことは、ラッキーですね。
 
きめ細かいと有名な日本女性の肌、大切にしましょう。
 
■記事提供元:敏感肌の美活日記
 

応援、ありがとう♪

にほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプルライフへ

アーカイブ