「Blogパラダイス」、通称「ブロパラ」は、ブロガーを応援する投稿サイトです。

menu

Blogパラダイス

スマートフォンの海外旅行ツールとしての可能性


この近年、スマートフォンもしくはタブレットの普及がすさまじい。
ドコモをはじめとする大手通信会社も、スマートフォン…スマホの利用にあわせて、データ量が大きくてもやりとりがスムーズにいくよう、通信回線の高速化に躍起になっている。
わたし個人は日常生活より旅行時の方が、スマートフォンの利便性に助けられている。
 
わたしは語学に堪能ではない。
学生時代からずいぶん経ち、仕事でもほぼ使わない今、おそらく中学英語ですらおぼつかない有様だ。
数年前であれば、そんな語学力で英語圏どころか、全く普段の生活でなじみのないドイツ語圏、ポルトガル語圏の国に、ツアー旅行ではなく、個人旅行で行くなど思いもよらなかった。
 

そんなわたしに行く勇気を与えてくれたのはスマートフォンの普及である。
android系にしろ、iphoneのios系にしろ、今やさまざまな翻訳アプリがある。
グーグルマップをはじめとする地図アプリもあり、見知らぬ土地でもGPS機能があれば、なんとか自分の行きたい目的地に辿りつける。
慣れない渡航先でのモバイル回線の確保の問題があるにしても、ネット上に先輩方があれこれと情報を書いていてくださっている。
日本国内のように常時ネットに繋がれる状態であれば、スマホのアプリ機能は最大限に利用できるけれども、ネット回線に繋がっていない、いわゆるオンライン状態でも利用できる地図アプリや翻訳アプリもある。
空港では無料で無線インターネット、いわゆるフリーwifiを提供しているところも多い。
その情報もインターネットで調べられるようになり、ありがたい限りだ。
 
またカメラ機能もばかにできない機種が多くなった。
写真にこだわりのある人には、やはり写真専門の機械であるカメラがいいだろうけれども、旅先で記念にそこそこ綺麗にちょっと撮っておければいい、なんてくらいの人なら、わざわざ別にコンデジを持たなくてもスマホだけで用が足りる人も多いだろう。
スマホと内臓カメラの利便性は、ソーシャルメディア…ツイッターやフェイスブック等に投稿するときの利便性だろう。
ちょっとネットに投稿したい、くらいであれば、デジカメで撮るよりもスマホで撮った方が、画像データの移動の手間がない分、楽なのである。
 
わたし自身もスマホやタブレットを旅行ツールとして使いこなせているかと言うとまだまだである。
何しろアプリによって、無限に機能が広がるのだから。
しかし、スマートフォンの普及と便利なアプリが増えたことで、スマホやタブレットの活用が旅の不安を解消する手助けをしてくれるようになったことは間違いない。
わたしのように、旅にいま一歩踏み出せなかった人も、スマホやタブレットを上手に活用して旅の楽しさを味わえるといいなと思う。
 
■記事提供元サイト:「女30 スマホ片手に海外ひとり ぶらり旅」
 

応援、ありがとう♪

にほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプルライフへ

アーカイブ