「Blogパラダイス」、通称「ブロパラ」は、ブロガーを応援する投稿サイトです。

menu

Blogパラダイス

ブロッコリースプラウトの栄養成分「スルフォラファン」の驚くべき効果とは


ブロッコリースプラウトとは

スプラウトは、食べられる発芽野菜の新芽のことで、カイワレ大根やモヤシなどもその種類です。ブロッコリースプラウトは、水耕栽培させたブロッコリーの新芽のことをいいます。

ブロッコリースプラウトに豊富に含まれる「スルフォラファン」という栄養成分には強力な抗酸化力があり、食品の中ではダントツのトップです。

●抗酸化力とは
人は呼吸して体内に酸素を取り込んでエネルギーを作っていますが、その一部が活性酸素となります。過剰になった活性酸素は体の老化を早めて、がんや動脈効果、生活習慣病を引き起こす原因ともいわれています。

活性酸素は、ストレスや喫煙、食品添加物、紫外線、過剰な運動などが原因で発生しますが、抗酸化物質は、この活性酸素を抑える働きがあります。

スルフォラファンの効果

スルフォラファンには様々な効果があります。

●強力な抗酸化作用
抗酸化力が高いビタミンCの抗酸化作用の持続時間は、3時間といわれていますが、スルフォラファンは72時間以上も持続します。なんと、ビタミンCの20倍です。

●ピロリ菌を減少させる
胃潰瘍や胃がんの原因とされるピロリ菌を減少させ、発生リスクを下げる働きがあります。

●解毒作用
体内にある解毒酵素の生成を活性化させ、発がん物質や活性酸素を解毒して、体外に排出する働きがあります。

●紫外線によるダメージを抑える
シミ・そばかすの原因となる、メラニン色素を作り出す「チロシナーゼ」が過剰に生成されるのを抑えます。

●悪酔いの症状を緩和
悪酔いの原因となる有害物質「アセトアルデヒド」の分解を促進させて、悪酔いを緩和します。

スルフォラファンの1日の摂取量

スルフォラファンは、1日30mgの摂取が必要であると言われています。

最も多く含むブロッコリースプラウトから摂取する場合は、およそ1.5パックほど食べる必要があり、抗酸化作用の持続時間は約72時間ありますので、2~3日おきの摂取が理想的とされます。

●スルフォラファン含有量
ブロッコリーは100gあたり約12mg、ブロッコリースプラウトには100gあたり約85~100mgも含まれ、発芽3日目のスプラウトが最も多く258mgもあります。

ブロッコリースプラウトの効果的な食べ方

●生で食べる
スルフォラファンは加熱してしまうと強い抗酸化力が弱まるので、生で食べることです。

●よく噛んで食べる
よく噛んで食べると、ミロシナーゼ(酵素)と合わさり、相乗効果で抗酸化力が高まります。

様々な効果がある「スルフォラファン」は、食品の中ではブロッコリースプラウトが一番多く含んでいます。スーパーなどで売っていますので、是非一度お試しになってみてください。

■記事提供元サイト:50代ちょい悪オヤジの奮戦日記

応援、ありがとう♪

にほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプルライフへ

アーカイブ