「Blogパラダイス」、通称「ブロパラ」は、ブロガーを応援する投稿サイトです。

menu

Blogパラダイス

夏のレジャーシーズン到来。スズメバチに注意


夏になると、ハイキングやキャンプ等で自然の中にお出かけする方も多いですよね。
 
普段、あまり自然に触れる機会のない場合は、心も体も解放感に包まれリラックスして、また頑張ろうと思えるような力が湧いてくるのではないでしょうか。
 
そんなさわやかな気分になれる自然なのですが、時に厳しい一面を見せることもあります。
 
特に自然の中に棲む生き物については、ちょっとした知識があるのとないのとでは、危険性も違ってきますので、でかける場所に応じた情報を仕入れていきましょう。
 


 

●今回はスズメバチ対策について知りましょう(^^)

 
スズメバチと聞くと、その攻撃性や毒性、アナフィラキシーショックの危険性を思い浮かべて、怖くなってしまいますよね。山での生き物による事故では、クマによる被害よりもハチによる被害の方が多いのだそうです。もちろんクマにも会いたくないですけどね。
 
ちなみに、私が住んでいるところは田舎で山のそばということもあって、クマもハチもヘビ(マムシ)も出てきます。
つい最近はクマの出没情報が相次ぎ、子どもの通う学校では集団登校・下校がしばらく続いていました。
 
ヘビも草むらに出始めたと、草刈り機を持った大人たちが休日も朝からブィーンと大きな音を鳴らしながら作業をしていましたし、先日あった小学校の運動会ではハチ用殺虫剤が本部席に置かれ、運動会終了後にはハチの亡き骸が数匹分、テントの隅っこに落ちていたそうです。
 
運動会当日のハチは私は見ませんでしたが、そういえばその数日前、グランドの隅の方で子どもを遊ばせている時、大きなハチが飛んでいくのを目撃しました!
 
今までアシナガバチはよく見ていましたが、この時に飛んで行ったハチはそれと比べ物にならないくらい大きかったんです。体長3センチくらいあったんじゃないでしょうか。すごい存在感でした。
 
すぐにいなくなったからいいのですが、その辺にとどまっていたら怖くて動けなかったかも。
 

●スズメバチの習性

 
スズメバチにも種類があり、スズメバチ属、クロスズメバチ属、ホオナガスズメバチ属の3つの属に分けられ、それぞれ数種類ずつ、全部で16種のスズメバチが日本で生息しているとのこと。
 
その中で、スズメバチ属の「オオスズメバチ」と「キイロスズメバチ」が一番人身事故が多いハチだそうです。
 
攻撃性は高いですが、何の理由もなく刺してくるわけではありません。多くは巣に近づいたから・・・という理由があります。ハチは8月~10月頃に繁殖期を迎えるので、巣を守るために攻撃性が増すとのことです。ですので不用意に近づいてしまうと敵とみなされ、攻撃されてしまうのです。
 

●スズメバチ対策

 
一番のスズメバチ対策は、「巣に近づかないこと」。もしも近づいてしまうと、まずは一匹のハチがやってきて飛び回ります。ここでハッと気が付いて、そっとその場を離れるといいのですが、次の段階に行ってしまうとハチがあごを打ち鳴らして威嚇して警告音を出す、もしくは警告せずに刺してくることもあるんですって。
 
スズメバチは羽音がしますし大きいですから、飛んでいるところを見かけたら、通りすがりなのか、偵察中なのか、どちらの方へ飛んでいくか、巣はありそうかなど冷静に観察しましょう。
 
すぐに飛び去るようでなければ、手で払うなどの大きな動きはせず、姿勢を低くしてゆっくりとした動作でかつ速やかにその場から立ち去ります。
 
服装としては、周囲とのコントラストがはっきりとしているものは攻撃されやすいようです。昼間であれば黒っぽい色は避け、夜は逆に白っぽい色はよくないみたいですね。また、頭や顔周辺が狙われやすいという報告もありますので、帽子をかぶり頭を保護しましょう。
 

●スズメバチに刺されてしまったら

もしも刺されてしまった場合・・・ハチ刺されによる直接的な毒性というのはそれほど高くなく、何十匹にも刺されるのでなければ死に至るほどではないのですが、怖いのはアナフィラキシーショックによる症状です。
 
頭痛・嘔吐・呼吸困難など、アレルギー性のショック症状により生命への危険があるため、刺されてから数分~30分くらいしてめまい・吐き気・じんましん・呼吸困難などのアレルギー症状が出た時には、急いで医療機関を受診しましょう。
 
特に、一度ハチに刺されたことのある人は、抗体がつくられてアナフィラキシーショックが起こる確率が高くなります。十分に気をつけたいですね。
 
 
私も中学生くらいの時に、ハチの種類は覚えていませんが(アシナガバチだったのかな)足を刺されてかなり腫れが広がり、とっても痛かったことを覚えています。ハチの習性を知らず、足で払おうとしたからでした・・・
 
皆さんはそんな失敗をしないよう、ハチの習性や対処法を知って、いざという時あわてないように準備しながら、夏のレジャーを楽しんでくださいね(^^)
 
■記事提供元サイト:子ども&カラダにやさしく、ママも綺麗に♪
 

応援、ありがとう♪

にほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプルライフへ

アーカイブ