「Blogパラダイス」、通称「ブロパラ」は、ブロガーを応援する投稿サイトです。

menu

Blogパラダイス

太陽光発電を自宅に設置した、初めての日本人は誰?


大阪府交野市の桑野さんは、元三洋電機の社長さんでして(三洋電機は現在 パナソニックに統合)、
この方が、日本で一番最初に太陽光発電を自宅に設置。さらに その余剰電力を売電したのだそうです。


通称「桑野太陽光発電所」と呼ばれている
太陽光発電システムは なんと
1992年から稼働しているのです

しかも 20年間 太陽光パネルはもちろん
パワーコンディショナーも
一度も故障していないらしい

桑野さんが社長なのでメンテナンスも
しっかりしているのでしょうね。

太陽光発電システムの故障に関する数字では

「10年以内に交換する確率は13%」

なんていうユーザーとしてはうれしくない
数字もあるのも事実。

長く使い続けるために 自分ができることは
メンテナンスがしっかりしている業者選びと
発電量のチェック&記録くらい。

小さなことですが これが
10年後 20年後
「太陽光発電をはじめてよかったね」と
笑うためには 大切なポイントなんでしょうね~。

楽しいエコライフを送るためにも
メンテナンスと発電量のチェックは続けましょう!

■記事提供元サイト:今日も太陽光発電日和

応援、ありがとう♪

にほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプルライフへ

アーカイブ