「Blogパラダイス」、通称「ブロパラ」は、ブロガーを応援する投稿サイトです。

menu

Blogパラダイス

畳の表替えに挑戦!シニアのシンプルライフにネット利用は役立つのか


畳の表替えは、その昔、畳屋さんが家に来てくれてやっていました。

朝から家族で家具を別の部屋に運んだり、畳やさんが太い糸を通した大きな針で、肘を固定して畳の裏から表へ引き抜きながら畳表を縫い付けていた光景を今でも覚えています。

最近は畳屋さんが持ちに来て、作業は畳屋さんの作業場でやって持ってきてくれる、というのが主流です。

我が家の状況

今の私の家には10枚の畳がありますが、家を建ててから20年間、1度も手入れをしていませんでした。
もともとあまり良い素材の物を使っていなかったので、子ども達が小学生だったこともあり、かなり早い段階でい草がすれてしまいました。

そこでその上にい草のゴザを敷いて角を長い画鋲のようなものでとめて、ずっと使ってきました。
その敷物も破れが目立つようになり、畳の表替えをしようということになったのです。

今回はその畳替えを、ネットで頼んでやってみようと思い立ちました。

畳替えってどのくらいでするの?

畳表はご存じのようにい草で編まれていて、消耗品です。

今回調べたところによると、3年から5年で表と裏をひっくり返すのが良い、とありました。
そうすればたとえ表が少しすり切れていても裏までは影響が無く、同じ畳表を使えます。

この時点で我が家のやり方はアウトです。

ひっくり返してからさらに5年ぐらいで畳表自体を変えます。
まぁ、この年数については、畳屋さんと依頼主の私たちとでは少し差があるかもしれませんね。

さらに10年以上経つと畳床自体がへたってきたりするので、畳全体を変える必要になることがあります。

畳表の値段

畳表の値段は結構差があります。
今回調べた中でも、一枚3500円から12800円まで、と言った開きがありました。
安いのは中国産、高いのは国産、特に熊本産のもののようです。

値段と美しさや耐久性は比例していて、高いものほど長持ちするとありました。

値段というのは、家から持ち出して作業場で作業し、また持ち帰って敷くまでの値段です。

畳屋さんにしてみれば一枚にかける手間は同じ訳で、値段の設定については「そうなんだ」という感じです。

インターネットで頼むとすると、本当に値段と実際の質とが見合っているのかが見極められないのが不安ですね。

思い切って表替えを頼んでみる

不安だけれども、1度やってみたくて、いつも食材の宅配を利用しているコープのチラシでみた表替えのサービスに電話してみました。

フリーダイヤルで総合案内が出て、最寄りのコープからの連絡を受けます。

そのあとそのコープが契約している近くの畳屋さんから連絡がきます。

畳屋さんが忙しい時期だったらしく、本来なら来る「下見」には来ずに、当日の朝、打ち合わせもすることになりました。

当日は朝8時頃搬出。その時にどの畳表にするか、チラシを見ながら相談して決めました。また、縁の素材や色も決めました。
作業に来たのは二人。

畳が戻ってくるまでに畳の無くなった床を掃いたり拭いたりしました。
床には少しカビがあり、アルコールを吹き付けて拭き取りました。

後で畳屋さんに聞いてみたところ、畳の上にゴザを敷くと通気性が悪くなり、耐久性にも影響するということでした。
これも我が家のやり方はアウトですね。

午後4時、搬入。職人さんは一人でみえて、運び込んでたたみ同士の高さをチェック。低いところには床に畳表の切れ端をいれて調節します。

職人さんは持ってきた箒で丁寧に掃除をして、家具をもどして、作業完了です。

職人さんによると、
たぶん7年ぐらいは大丈夫だけれど、それを過ぎたら今度はちゃんと表裏をひっくり返すこと、
上敷は湿気がこもって畳の下の床が黴びたりするので絶対にやめるように、とアドバイスを受けました。

「良い畳表を使っているのだから大事にして、なるべく長く使って下さいね!」と念を押されて一連の作業が終了しました。

満足度は?

比較のしようが無いので、どう判断したらいいのかわからない、と言うのが正直なところです。
地元の畳屋さんが無くなってしまった地域では、都合の良いサービスと言えます。

今回はなるべく長く使おうと思い、一番値段の高いものにしました。

その畳表にはタグが編み込まれていて、タグにあるURLをたどれば生産者がわかる仕組みになっていました。
偽装を防ぐためだそうです。

これは安心材料と言えば安心材料ですね。

値段もネットで調べたものと大差なく、少し安いと言うところでした。

業者さんの対応も丁寧で悪いところもなく、気持ちよく終えることができました。

新しいい草の香りもさわやかで、表替えをしてよかったと思っています。

ただ、食材の買い物と違って、シニアのシンプルライフに大きく貢献するとは言えませんでした。

みなさんは畳の表替え、どうしていますか?

■記事提供元サイト:60歳主婦、これからを生き切るために

応援、ありがとう♪

にほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプルライフへ

アーカイブ