「Blogパラダイス」、通称「ブロパラ」は、ブロガーを応援する投稿サイトです。

menu

Blogパラダイス

生まれ変わる鷹


は鳥類の中で、最も長生きをすると言われています。
だいたい70年くらいだそうです。
 
縄文時代の遺跡から鷹の骨が発掘されていて、当時は人間の食料であったと考えられています。
また、平安時代には、鷹の糞が「鷹矢白」(たかのくそ)という医薬品として用いられていたこともあります。
 
その他、力強くて速く飛ぶイメージがあることから、
航空機や電車、車などに「鷹」という名前や愛称が付けられていることも多いですね。
 
福岡のプロ野球球団名は「福岡ソフトバンクホークス」で、「ハリーホーク」という鷹のキャラクターがいます。
 
鋭い目を持ち、翼を広げて優雅に大空を舞う鷹。
けれど、40歳くらいになると、口ばしも伸びきって曲がり、あごに当たり始めます。
そして、爪も弱くなってボロボロになってしまいます。羽根も傷んで飛べなくなり、獲物が上手く取れなくなります。
 
ここで、大きな選択を迫られます。
このまま死ぬ時期を待つか、新しい自分を生むための苦しい旅に出るか。
 
新しい人生を選んだ鷹は、自分の口ばしを岩に打ちつけて壊します。
すると、壊れた口ばしのところから、新しい口ばしが生えてきます。
そして、新しい口ばしで、ボロボロになった爪を1つずつ剥ぎ取ります。
そこからさらに新しい爪が生えてくると、今度は古くなって傷んだ羽根を1本ずつ抜き取ります。
 
これは鷹にとって、生まれ変わるための苦しみです。
 
けれど、この苦しみを乗り越えた鷹は、半年が過ぎるころには、新しい爪と羽根が生え揃い、新しい姿に変わります。
そして、その後の30年という長い時間を生き抜くのです。
 
このお話を聞いた時に、色々と考えました。
 
長く生きることが大事なのだろうか?
誰と生きるのが大事なのだろうか?
はたまた、どんな風に生きるのが大事なのだろうか?
何を大切にして、何を優先させて生きたいのだろう?
どこに自分のアイデンティティやこだわりを持って、生きたいのだろう?
何を選んで、どっちに向かって、誰と、どうやって進んでいくか?
 
などなど、別にそんなに深く考えなくても、流れで生きていこうと思えば、いくらでも流されることはできます。
 
私はとっても不器用なので、進みながら考えるという器用さは持ち合せていないし、今まであまり考えたことはなく、また、考える余裕もありませんでした。
でも、たまたま長期間じっくりと考える機会を与えられたので、
あーでもないこーでもないと、思いを巡らせてみました。
 
一時期、大勢の人にいろいろな意見を聞きすぎたり、アドバイスをもらいすぎてしまい、
頭の中がパンクして、訳が分からなくなっていたことがありました。
 
でも、鷹のように自分で選択して、自分の歩幅で、自分の歩き方で、
自分のスピードで、自分の未来の目指すところに行ければいいのだと思うようになりました。
自分の真ん中をブレさせないように、1番大切な物を変えないように、1つ1つ丁寧にしていければいいと。
 
答えはすべて自分の中にあるのですね。
 
■記事提供元サイト:生活保護からの脱出

応援、ありがとう♪

にほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプルライフへ

アーカイブ